生命保険の基本

生命保険「見直し・切り替えのタイミング」

投稿日:

保険を見直す「5つのタイミング」

①就職したら
生命保険に未加入の場合は、就職を機に死亡、入院等の保障について、自分に必要な保障額を確認して準備していきましょう。
親が契約者で被保険者が子どもの保険がある場合、お子さま自身の契約に変更等を行い、自分の収入で掛けていき、生命保険料控除の対象となるように準備していきましょう。
(契約者変更については、贈与税の関係が発生する場合がありますので十分注意して下さい)
②結婚したら
夫婦共働き世帯なのか、専業主婦世帯でどちらか一方の収入で生活するのかで、死亡保障の必要保障額は大きく変わってきます。
また、女性の方が入院・手術の請求をする機会が多いのが妊娠や出産に関する場合です。
保障の必要性も高まってきますので、しっかりライフプランをたてて2人の保険を考えていきましょう。
独身時代に加入していた保険がある場合は、「受取人」や「指定代理請求人」も両親等から配偶者へ変更しておきましょう。
③子供が生まれたら
子供が生まれると世帯主の責任が大きくなります。
世帯主に万が一の事があったときには、残された妻へすべての負担が一気にのしかかってきます。
そのため必要とされる死亡保障金額はいちばん大きくなるタイミングとなります。
お子さまの学資保険等を含めしっかりとした見直しが必要となります。
④住宅を購入したら
住宅を購入した場合、多くの方が団体信用生命保険に加入しますので、住宅ローン返済中に契約者である世帯主が死亡や高度障害状態になった場合、残りの住宅ローンは団体信用生命保険で相殺されますので、自分で加入している死亡保険は減額が可能です。
必要保障額をしっかり確認し見直しをしていきましょう。
⑤子どもの独立時または定年退職時
子どもが独立した場合は子どものための保障は独立時にほぼゼロになります。
子どものための保障が必要なくなったら、今度は自分たち夫婦のための保障を考える時期になります。
定年退職の時期も同様なことが言えます。
老後に備えて、必要なくなった保障を見直し、出費を減らす必要があります。
老後を安心して生活するためにもしっかり保険を見直しましょう。

上記はとても重要なポイントです。また加入して5年以上加入したままの方も1回は現状把握の診断が必要です。
車の車検同様、生命保険も5年に1度は最低でもメンテナンスが必要です。
上記に1項目でもあてはまる方は是非虹色ほけんプラザにご相談下さい。

-生命保険の基本

Copyright© 埼玉県・川越市【虹色ほけんプラザ】(公式)保険相談・保険見直しは保険のプロにお任せ! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

\まずはお気軽にお問い合わせください/
\オンライン保険相談受付中/