生命保険の見直し方法

「就職時」の保険見直し

投稿日:


就職をしたら社会人として大人の仲間入りです。
学生の時とは違ってたくさんの責任が発生してきます。
保険に加入するのも家族や他の人に迷惑をかけないための責任のひとつです。今までは両親が生命保険を掛けてくれた方がほとんどではないでしょうか。まだ独身で扶養家族がいなければこのタイミングでは大きな死亡保障は必要ありません。しかし、病気等で療養中の親や兄弟等がいて扶養をしていかなければならない場合には、ある程度大きな死亡保障が必要ですが、特別な事情がなければ死亡保障は将来の死後の整理資金分(お墓代や葬儀費用等)を終身保険等で200万円から500万円位加入すれば十分でしょう。終身保険に、若い年齢から加入すると掛け金も安く準備できます。

また、結婚をした際には、その終身保険をベースに残し、追加で掛捨ての定期保険や収入保障保険等を準備すれば、保障の見直しがスムーズにできるようになります。

〇 医療保障の見直し

医療保障もしっかり準備していきましょう。保障期間が「終身」ある医療保障を準備し、保険料が途中で上がることがないようにしておくと安心です。 病院の治療現場に合わせて医療保険も保障内容が進化していきます。10年、20年経過すると、病院の医療技術もかなり進歩します。それに対応できるよう医療保険も進化していくので、将来見直しをすることも視野にいれ検討していくも必要でしょう。

問い合わせ画像 PNG

-生命保険の見直し方法

Copyright© 埼玉県・川越市【虹色ほけんプラザ】(公式)保険相談・保険見直しは保険のプロにお任せ! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

\まずはお気軽にお問い合わせください/
\オンライン保険相談受付中/