学資・年金保険

子どもの教育資金 いくら必要?

投稿日:

子どもの教育費

兄弟写真

教育資金はいくら必要なのでしょうか?
その額は、子供がどのような進路(公立・私立)を選択するかによって大きく変わってきます。
子供の希望はできるだけ叶えてあげたいと思うのが、親心です。
もし、教育資金が足りないために子供の夢を叶えてあげられないことがないよう教育資金は
しっかりと準備していきたいですね。

では実際に教育資金はどれくらいかかるのか現状を確認してみましょう。

幼稚園でかかる学費(1年間あたりの金額)

区   分公  立私  立
学習費の総額222,264円498,008円
学校教育費119,175円319,619円
給食費 19,382円 36,836円
学校外活動費 83,707円141,553円
(平成26年度 文部科学省「子供の学習費調査」より)

上記の金額は1年間にかかる費用ですので、3年保育で入園した場合には約3倍の費用が
必要となります。

注:「学校教育費」とは、、保護者が子供に学校教育を受けさせるために支出した全経費。
「給食費」とは、幼稚園、小学校、中学校において、保護者が給食費として学校に納付した経費。
「学校外活動費」とは、保護者が子供の学校外活動のために支出した経費。

 

小学校でかかる学費(1年間あたりの金額)

区  分公  立私  立
学習費総額321,708円1,535,789円
学校教育費 59,228円 885,639円
給食費 43,176円  46,089円
学校外活動費219,304円 604,061円
(平成26年度 文部科学省「子供の学習費調査」より)

ピアノ・サッカー・水泳・学習塾等、習い事をはじめる時期でもあるので、学校外活動費が増加しています。

 

中学校でかかる学費(1年間あたりの金額)

区  分公  立私  立
学習費の総額481,841円1,338,623円
学校教育費128,964円1,022,397円
給食費38,422円4,154円
学校外活動費314,455円312,072円
(平成26年度 文部科学省「子供の学習費調査」より)

 

高等学校でかかる学費(1年間あたりの金額)

区  分公  立私  立
学習費の総額409,979円995,295円
学校教育費242,692円740,144円
給食費    ー    -
学校外活動費167,287円
255,151円
(平成26年度 文部科学省「子供の学習費調査」より)

 

大学生活でかかる費用

項  目国立大学
 費用
私立大学
(文系)
私立大学
(理系)
高専・専修・
各種学校
4年間
の費用  
457.5
  万円
675.5
  万円
818
 万円
317.3
  万円
 入学
 費用
 81.9
  万円
106.7
  万円
106
 万円
 66.1
  万円
 在学
 費用
375.6
  万円
568.8
  万円
712
 万円
251.2
  万円
(日本政策金融公庫 平成27年教育負担の実態調査より)
 ※高専・専修・各種学校は2年間で計算


 
幼稚園3歳から高等学校第3学年までの15年間の学習費総額

区分幼稚園小学校中学校高等学校合  計
A1公立
634,881円
公立
1,924,383円
公立
1,444,824円
公立
1,226,823円
5,230,911円
A2私立
1,492,823円
公立
1,924,383円
公立
1,444,824円
公立
1,226,823円
6,088,853円
A3私立
1,492,823円
公立
1,924,383円
公立
1,444,824円
私立
2,973,792円
7,835,822円
A4私立
1,492,823円
公立
1,924,383円
私立
4,017,303円
私立
2,973,792円
10,408,301円
A5私立
1,492,823円
私立
9,215,345円
私立
4,017,303円
私立
2,973,792円
17,699,263円
(日本政策金融公庫 平成27年教育負担の実態調査より)

「すべて公立」のケースや、「すべて私立」のケースなどいくつかの例を設定してあります。
「A1・すべて公立」と「A5・すべて私立」では約3.38倍になっています。

 

「A2のコース」幼稚園=私立、小学校=公立、中学校=公立、高等学校=公立、私立文系大学
に 進んだだ場合でも、約1,300万円の教育資金が必要となります。
これだけの資金を一度に用意するのはとても難しいと思います。加えて、教育関連費は上昇を
続けています。教育資金の準備は早ければ早いほど良いので、現状を踏まえたうえでしっかり
準備していきましょう。

最終的に、もし教育資金が不足した際には、奨学金や教育ローンもありますが、借りたものは
必ず返済が必要となりますので、できるだけ早くコツコツと準備していきましょう。

問い合わせ画像 PNG

-学資・年金保険

電話で問い合わせをする

Copyright© 埼玉県・川越市【虹色ほけんプラザ】(公式)保険相談・保険見直しは保険のプロにお任せ! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.