医療・がん保険

持病や健康面に不安がある方の医療保険

投稿日:

「持病があるから保険には加入できないかな・・。」
「以前に病気をして、入院と手術をしたので保険には、やはり加入できないのかな・・。」とあきらめていませんか?

現在では、「引受基準緩和型」や「限定告知型」や「無選択型」、「無告知型」など各保険会社から持病や既往症があっても加入しやすい医療保険がたくさん販売されています。加入時の健康状態の告知の基準を低く設定したり、健康の告知を不要として、通常の医療保険への加入が難しい健康面の方でも、加入しやすくしてあるのがこれらの商品です。

販売開始当時はシンプルの保障内容の商品が多かったのですが、現在では多様なニーズに答えられるように、特約といってオプションの保障もかなりバリエーションが増え、通常の医療保険に近い状態になってきています。

保障内容

引受基準緩和型医療保険の場合、加入から一定期間(1年間等)は給付金が50%に削減されます。(図1参照)
入院給付金が日額5,000円、図1の例の場合、加入から1年間は入院給付金が日額2,500円となり、手術給付金や各種特約にについても50%の保障となります。
支払削減期間経過後は、満額の保障が継続します。

また、過去の既往症についても、保障されます。(条件は上記と同じ)
最近の引受基準緩和型医療保険では図2のように、支払削減期間がなく、加入時から削減されることがない商品も販売されております。ただし、先進医療特約など一部の特約のみ削減対象になることもありますのでその点は個々に確認が必要です。

商品の特徴

大きな特徴は、引受基準緩和型や限定告知型、無選択型、無告知型に共通して言えるのは、通常の医療保険より保険料が割増しされています。
ですので、持病や既往症がある場合には、引受基準緩和型医療保険等に加入する前に通常の医療保険に加入できるか確認したうえで検討するのも重要です。
以下の図は持病や既往症のある方が加入を検討する流れを参考に図式化しました。

まずは通常の医療保険で加入が可能か確認し、健康状態で加入ができない場合や、持病の部位は保障対象外など、加入はできるが条件付の契約となりその条件が納得できない場合には、引受基準緩和型医療保険や限定告知型医療保険の検討へ進み、そこでも上記のような条件が発生した場合には、無告知型や無選択型の検討への検討という流れがおすすめです。

通常の医療保険は加入時の健康の告知が厳しい分、保障内容も充実し、保険料も割安ですが、無告知型や無選択型は健康の告知が不要のため、保障内容は通常の医療保険より充実度は下がり、保険料も割高になっております。引受基準緩和型医療保険等は通常の医療保険と無告知型等の中間的な商品にあたるイメージです。

おすすめの医療保険は?

通常の医療保険の加入が難しい場合には、引受基準緩和型医療保険を検討してみましょう。
最近の引受基準緩和型医療保険では健康の告知項目も簡単で、3項目程度しかなく、質問の内容に該当しなければ加入が可能と分かりやすくなっております。
がんの診断給付金等の特約を付けたい場合には、別途2項目程度の告知を行い、質問内容に内容に該当しなければ特約の追加も可能となっております。

引受基準緩和型医療保険が発売された当時は、保障内容も「入院給付金」と「手術給付金」程度でしたが、近年では、「先進医療特約」「入院一時金特約」「がん診断給付金」「三大疾病一時金特約」「介護一時金」「認知症一時金」等、その他たくさんの保障が準備されています。

埼玉県川越市の来店型保険ショップ「虹色ほけんプラザ」ファイナンシャルプランナーの紫藤 清(しどう きよし)と申します。
虹色ほけんプラザは保険代理店・株式会社ウイットライフが運営しております。
川越市を拠点に、訪問と来店を行う地域密着型代理店としておかげさまで15年以上、みなさまにご愛顧いただいております。

25年以上の経験を持つベテランスタッフから、フットワークの軽い若いスタッフも在籍しておりますので、生命保険・損害保険等でお困りの際はお気軽にご相談下さい。
「お待たせをしない迅速な対応」と「納得のいく保険提案」でお客さまにご満足を感じていただけるようしっかりサポートさせていただきます。
スライド2

ご相談の流れ

相談の流れ PNG

ご相談例のご紹介

64歳女性、共済に長く加入しているが、65歳から保障内容が少しづつ下がってしまうので、この機会に保険を見直したいとのご相談内容。
一番のご意向は、最近では入院が短期間になっているので、短期の入院でもしっかり保障してもらえるプランあれば知りたいとのこと。

しかし、現在糖尿病で通院されており、入院、手術歴はないが、投薬による治療中とのこと。
今回のケースの場合、通常の医療保険のご提案が難しかったため、引受基準緩和型医療保険でご検討いただいた。
保険料的には通常の医療保険より、約1.4倍程度保険料は多くなったが、保障は一生涯続き、保険料も途中で上がることがないので、しっかりとした安心が準備できたとのお声をいただきました。
スライド8

-医療・がん保険

電話で問い合わせをする

Copyright© 埼玉県・川越市【虹色ほけんプラザ】(公式)保険相談・保険見直しは保険のプロにお任せ! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.