医療・がん保険 新着情報

医療保険のご相談・見直しは虹色ほけんプラザにお任せ!

投稿日:

最近では医療技術の進歩により入院期間は短期化の傾向にあります。しかし短期入院でも、治療に伴う自己負担費用は意外とかかるのが現状です。
急な入院や手術など万が一の準備として、時代やライフスタイルに合った保険選びはとても重要です。そんな保険選びのお手伝いを保険のプロ「虹色ほけんプラザ」がしっかりサポート致します。生命保険協会に登録されている保険会社数は42社あり(令和2年6月現在)、その中ら自分に合った医療保険を見つけることはとても時間がかかる作業であり、専門的な知識も必要とされます。まずは保険のプロの相談いただき短時間で問題解決へ!

医療保険を選ぶポイント

まずは医療の現場どうなっているのか確認しましょう。
下の図は入院時の入院日数を表したのもです。医療技術の進歩などにより入院期間は短期化の傾向にあり、1週間以内の入院が5割近く占めていおり、約「2人に1人」は1週間以内に退院する計算になります。

また別の下の図は入院時の自己負担費用を表したものです。治療費、食事代、差額ベットに加え、見舞いに来る家族の交通費や衣類、日用品を含む金額です。(高額療養費制度を利用した場合は利用後の金額)
短期の入院ではあまり費用はかからないイメージがありますが、意外と自己負担が多いのが短期での入院です。

「入院一時金特約」等がおすすめ

最近の各保険会社の医療保険には「入院一時金特約」や「短期入院定額払特則」、「初期入院特則」等と呼ばれる保障が準備されていることが多くなっております。
「入院一時金特約」は主契約の入院給付金が支払われる入院をした場合、一時金の支払いを受けることができます。
一時金の保険金が「10万円」となっていた場合には、「入院一時金10万円」プラス「日額の入院保険金×入院日数」が合わせて受け取れるようになっている場合が多く、短期で入院をした場合にも厚く保険金が受け取れるようになっています。

また「短期入院定額払特則」や「初期入院特則」等とよばれるプランでは、短期の入院でも「日額入院給付金の5倍や10倍」が受け取れるようになっています。
10倍のプランの場合、日額が5,000円の入院給付金プランでは、4日の入院をした場合、10倍の5万円の給付が受けられます。

下記の図のように、入院一時金特約や短期、初期入院特則が付いていないプランでは、入院をした日数分の保険金が支払われるだけですので、例えば4日間入院のみをした場合、5,000円×4日分=20,000円が入院保険金として受け取れますが、参考例の場合、99,000円が入院時自己負担費用であった場合、入院保険金だけではカバーできないため、79,000円がご自身のお財布からの出費額となってきます。

一方で「入院一時金特約」を付けたプランの場合には、上記と同じように4日間の入院をした場合には、下記の図のように「入院給付金5,000円×4日分=20,000円」プラス「入院一時金特約=10万円」(※10万円を設定していた場合)の合計=12万円の保険金給付を受けられます。

99,000円が入院時自己負担費用であった場合には、各保険金から合計で12万円受け取れるので、全額カバーでき、21,000円がプラスとなってきます。
短期の入院には心強い特約となっています。

医療保険で幅広い保障が準備できます

最近の医療保険にはたくさんの特約といってオプションで準備する保障が幅広く利用できるようになってきております。
以前は「がんの保障」を準備するためには、「医療保険」の他に「がん保険」に加入するケースが多かったのですが、最近では医療保険に特約として「がんの保障」や「三大疾病」の保障を付けて準備していくケースも多くなってきました。背景には、医療保険とがん保険にそれぞれ加入していた場合、がんでの入院や手術の保障が医療保険と重複して保障するところがあるため、無駄ではありませんが、保障をスリムにする意味でも医療保険にがんと診断された時に受け取れる一時金特約や、がん通院特約などを付けて契約するケースが多くなっております。

がんや三大疾病保障以外にも、「介護」や「認知症」など長生きの時代に向けた保障もたくさん準備されてきております。

医療保険のご相談・見直しなら虹色ほけんプラザにお任せ!

埼玉県川越市の来店型保険ショップ「虹色ほけんプラザ」ファイナンシャルプランナーの紫藤 清(しどう きよし)と申します。
虹色ほけんプラザは保険代理店・株式会社ウイットライフが運営しております。
川越市を拠点に、訪問と来店を行う地域密着型代理店としておかげさまで15年以上、みなさまにご愛顧いただいております。

25年以上の経験を持つベテランスタッフから、フットワークの軽い若いスタッフも在籍しておりますので、生命保険・損害保険等でお困りの際はお気軽にご相談下さい。
「お待たせをしない迅速な対応」と「納得のいく保険提案」でお客さまにご満足を感じていただけるようしっかりサポートさせていただきます。

スライド2

無料保険相談の流れ

虹色ほけんプラザでは「保険相談」から「ご提案」・「ご契約」・「アフターフォロー」までしっかりサポート致します。

〇 医療保険の見直し・ご相談例のご紹介

・昔加入した保険なので、もしもの時しっかり保障されるか心配なのでしっかり見直したい!
・現在加入の保険が10年毎に更新があり、保険料が上がっていくので更新をなくしたい!
・保険料の負担を軽くしたい!
・先進医療の保障に関心があるので詳しく教えてほしい!
・女性特有の病気にもしっかり対応できる医療保険の情報がしりたい!
・病気で治療中でも加入できる医療保険の情報が知りたい!
・たくさん商品があるので、自分に合ったプランを教えてほしい!

〇 医療保険を見直すメリット

医療技術と一緒で医療保険の保障内容もそれにつれて日々進化しています。
加入当時は最新の保障であったのですが、現在となっては何か不安を感じてしまったりする場合もあります。
安心を準備する意味でも定期的に医療保険の保障内容の確認を行い、メリットがあれば見直しをしていきましょう!

見直し例①
昔(むかし)加入した医療保険のため、20日以上の入院でないと給付金が支払われないプランに加入中。
最近の入院事情を見てみると、20日以上入院するケースは比較的少なくなっており、短期化する入院の現状を考え、新しい医療保険に加入した。
新しい医療保険では、入院が1日目から保障され、先進医療の保障も準備でき安心度がアップしました。

見直し例②
結婚のタイミングで医療保険の見直しを行った。独身時代に加入していた医療保険は女性特約が付いていないプランであったので、見直し時には女性特約をしっかり準備した。日本では帝王切開による出産は「*約5人に1人」なので、女性特約を付けることで妊娠分娩に対する保障がしっかり準備でき、安心度がアップしました。出産時の病院への支払いも高額な場合も多いので、この女性特約の保障はその際、家計の一助になるのではないでしょうか。
*(厚生労働省「平成26年 医療施設(静態・動態)調査・病院報告の概況」より)

医療保険を選ぶポイント①のクリックボタン PNG

スライド8

ご自宅等への訪問無料相談も実施しております。
「お子さまが小さくてなかなか外出できない」、「家族の都合で家を空けることができない」などいろいろな事情で保険相談に行かれないというお客さまの声にお応えして、虹色ほけんプラザでは「ご自宅」や「職場等」お客さまのご希望の場所で店舗と同じ内容の保険相談を無料で実施しております。

-医療・がん保険, 新着情報

電話で問い合わせをする

Copyright© 埼玉県・川越市【虹色ほけんプラザ】(公式)保険相談・保険見直しは保険のプロにお任せ! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.